Alive

FAQ - よくある質問

多く質問される事柄をまとめました。ご参照ください。

Aliveからの重要なお知らせメールが届きません。どうしたらよいですか?

Aliveからの重要なお知らせがお客さまのお手元に届かない・紛失してしまうというケースをしばしばご報告いただきます。ほとんどのケースでは、Aliveから送付されたメールが迷惑メールフィルタの誤動作で「迷惑メール」に分類されてしまっております。メールが届かないという場合、一度迷惑メールフォルダにAliveからのメールが入っていないかをご確認下さい。特に携帯キャリアのメールアドレスをご利用の場合多く発生します。

またメールが誤って迷惑メールに分類される場合には各メーラーの操作方法をご確認下さい。下記の例はGmailとYahooメールの設定方法です。

また、スマフォなど携帯用メールアドレスをご利用の場合には、alive.muからのメールを受信可能なドメインとして、携帯キャリアの迷惑メールフィルタに設定してください。

*迷惑メールフィルタの設定や操作方法についてご不明な点がある場合、メールサービスや各携帯キャリアにお問い合わせください。

なお、稀にAliveのシステムトラブルなどにより、適切にメールが送付されていない事例もあります。ご不明な点などありましたら、ぜひ info@alive.mu にご連絡をお願いします。

確認メールが届かないのですが、チケットの購入が完了しているか確認はできますか?また、購入状況を確認する方法はありますか?

チケットの購入状況については、パーソナル・ページパーソナル・ページへのアクセスの仕方はこちらから)で確認することができます。チケットの購入が確認され次第、自動的にメールが送られるシステムになっておりますが、迷惑メール・フィルタ等によりお客様にメールが届かない場合がございます。メールが届かない場合についても、パーソナル・ページ上に購入状況が随時反映されておりますので、そちらから購入が完了しているかお確かめください。

Facebookでワンクリックログインができません。どうすれば良いですか?

現在、稀にFacebookボタンによるログインがうまく動作しないという不具合が報告されております。現在問題対応を行っていますが、不具合解消までの間の回避方法について以下にご説明します。

この現象がおきてしまった場合は、一度Facebookに使っているメールアドレスと、Aliveユーザー登録時に入力して頂いたパスワードを使い、「Eメールアドレスでログイン」にEメールとパスワードを入れてログインしてください。一度ログインできれば、次以降はFacebookボタンでワンタッチのログインができます。

「リクエスト」とはどのようなことですか?

Who's Next のセクションから、あなたが来日をして欲しいと考えているアーティストをクリックし、aliveに次に来日公演を招聘するアーティストを提案することです。リクエストが多く集まりますと、aliveでそのアーティストへの来日交渉を積極的に進めて行きます。多く集まれば集まるほど交渉へのハードルも下がりますので、周りのファンにファンクラブの活動やSNSでリクエストを呼びかけてください!

来日公演の招聘にはどのくらいのリクエストが必要ですか?

リクエスト数はアーティストによって大きく異なり、具体的な数字を申し上げることはできません。日本や自国でどの程度人気のあるアーティストかどうか、日本のレーベルや事務所との契約関係、バンドメンバーの人数等、多くの要因が関わってきます。

支払い方法には、何がありますか?

クレジットカード払い、コンビニ払い、銀行振込の3種類が用意されております。ご注文が完了致しますと、お支払いをお願いする通知メールを送付いたしますので、その案内に従ってください。
なお、クレジットカード払いですと、支払い手数料もかかりませんので、一番安い方法としてはそちらを推奨しております。

チケットを購入したものの、気が変わってキャンセルしたいのですが?

いかなる場合でも、気分が変わった、予定が合わない等、いかなる場合でもお客様のご都合によるキャンセルは受け付けておりません。

支払い期日に支払が間に合わなかった場合にはどうなりますか?

チケットのお申込みは自動的にキャンセルとなり、ライブのチケットは発行されません。
クレジットカード払いを選択すると支払いが自動で行われます。支払い忘れのないよう、クレジットカードのご利用をお勧めします。

チケットはどのように発行されますか?

2014年10月16日より、すべてのライブのチケットはeチケットとして発行されます。お支払いが確定次第、パーソナルページよりeチケットをご確認いただけます。
※パーソナルページへのアクセス方法:ログイン後、トップページ右上にあるご自身のユーザーアイコンから<パーソナルページ>を選択してください。

eチケットとはなんですか?使い方は?

Alive.muが提供するペーパーレス電子チケットです。購入後にチケットのQRコードが表示され、チケットページへのリンクがメールでも送信されます。またeチケットはパーソナルページからもご確認いただけます。ペーパーレスなので無くす心配もありません。

イベント・公演当日は、会場の入り口にて携帯端末の画面上、またはプリントアウトされたQRコードを提示していただくことで、ご入場いただけます。なお、お一人様につき一度に8枚までご購入頂けます。ご購入時にひとりのお客様が複数枚同時にチケットをご購入される場合、発行されるひとつのQRコードで購入人数分有効となります。万が一別々にご入場される場合は、QRコード表示のチケットURLを事前にメールで転送して下さい。尚、転送されたQRコードからの入場は、ご購入人数分のみ可能です。一人で複数毎購入された際の詳しい入場方法は以下をご覧下さい。

ご予約された方の名前がチケットに表示されます。チケットをご使用になる方が、ご予約された方と同人物でなくても問題はありません。

※注意:ご予約された方が、ご使用になる方にeチケットへのアクセスを許可することは、お客様同士の同意で行っていただいて問題ありませんが、その他の方にアクセス方法が漏れないようお客様の責任で安全に管理して下さい。 eチケットについての詳しいご説明内容はこちらをご参照ください。

グループチケットについて:eチケットを一人で複数枚購入した際の使い方は?

ご購入時に、ひとりのお客様が複数枚同時にチケットを購入できる場合、発行されるQRコードのチケットをグループチケットといいます(イベント・公演によっては、一度の購入で複数枚購入できない場合もございます。)。発行されるひとつのQRコードで購入人数分有効となります。当日エントランスでは、ご購入頂いた人数分のお客様がご入場頂けます。

別々にご入場される場合は、QRコード表示のチケットURLを事前にメールで転送して頂くか、QRコードをプリントアウトしたものを人数分ご用意下さい。尚、転送されたQRコード、及びプリントアウトしたQRコードからの入場は、ご購入人数分のみ可能です。他の方にアクセス方法が漏れないようお客様の責任で安全に管理して下さい。別々のQRコードでのご入場をご希望の方は、お手数ですが一枚ずつでご購入されることを推奨致します。

ユーザー登録情報を確認・変更したいのですが?

『設定変更』のページよりご確認・ご変更いただけます。 ログインした後、トップページ右上にあるご自身のユーザーアイコンから『設定変更』をご選択ください。
ご登録内容を変更したい場合は、項目をページ左側のメニューから選択し、ご変更ください。
ご変更後は必ず『情報を変更する』をクリックし、変更内容を保存してください。

※尚、チケットやマーチャンダイズなどの、ご購入が既に確定した商品の発送先をご変更することはできませんので、ご了承ください。
やむを得ずご変更が必要な場合は、[info@alive.mu]<へご連絡ください。

アーティストをリクエストしたのですが、その後Aliveから何のメールも届きません。

リクエストの確認メールはお送りしておりません。
Aliveからお客様へメールをお送りするのは、以下の場合のみでございます。
・新規アカウントをご登録になった場合
・公演のチケットや商品の予約・購入をしていただいた場合

私は音楽プロモーション会社、音楽レーベルなどの音楽関係の会社で自社のイベントをAliveに掲載したいのですが、どうすればよいですか?

Alive事務局に対し、メールにてご連絡ください。[info@alive.mu]
詳しい手続きや詳細情報を事務局よりご連絡差し上げます。

子供も入場出来ますか?

恐れ入りますが未就学のお子様のご入場はご遠慮頂いております。また、入場にはお連れのお子様もチケットが必要となります。

Aliveを退会する方法を教えてください。

こちらのリンクより申し込んで頂くことで退会できます。
ただし、すでにチケットをご購入されている場合、チケットを購入されたライヴが終了した後でないと退会できませんので、ご注意ください。

Aliveで一緒に働きたいのですが?

Alive事務局に対し、メールにてご連絡ください。[info@alive.mu]
ご連絡差し上げます。

Aliveでクラウドファンディングのライヴ・サービスを行っていると伺ったのですが?

確かに、Aliveは2013年に世界で最も早いライヴ・ミュージックのためのクラウドファンディング・サイトとして設立されました。約5年間に渡り、クラウドファンディングを通じて弊サイトは様々なアーティストの初来日公演を実現させて参りました。しかしながら、弊社の規模が拡大していくにつれ、クラウドファンディングというサービスから離れることを決め、自主的にアーティストをブッキングする事業へとシフト致しました。

Alive on Media