Hugh Cornwell (The Stranglersの元フロントマン) 2nd Stage

ライブイベント開催スペース:
duo MUSIC EXCHANGE
開催予定日時
2020.2.1 (土曜日) 18:30(OPEN) 19:30(START)

ザ・ストラングラーズの元フロントマン、ヒュー・コーンウェル遂に5年振りの来日公演決定!!

ザ・ストラングラーズ(The Stranglers)の元フロントマン、ヒュー・コーンウェルが5年振りに待望の来日決定!! ザ・ストラングラーズ時代のヒット曲も続々披露!!
あの衝撃を受けたサウンドが、結成中心人物である本人によって息を吹き返す瞬間は必見!!

70年代のパンクムーブメントの中で、若者を中心に人気を博した新奇音楽集団、ザ・ストラングラーズ。荒々しく初期衝動で固められたバンドが多い中、ユニークで洗練された新しい音楽性が話題を呼び、多くの人から支持されるようになった彼ら。代表曲であるゴールデン・ブラウン、ノー・モア・ヒーローズ、ストレンジ・リトル・ガール、オールウェイズ・ザ・サン、ナイスン・スリージー、グリップ、ピーチズなどの楽曲を手がけたのは紛れもなく、ヒュー・コーンウェルである。今回は、彼が2018年にリリースした渾身のアルバム『Monster』から特別に選曲した曲を披露することはもちろん、ザ・ストラングラーズのヒット曲も大胆に披露!!
ギターを持ったら、ロックンロールをかき鳴らすだけ。そんな不屈のUKパンクヒーローが再び日本のステージに立つ…!! 70年代から現在まで、様々なアーティストからリスペクトされ、ニュー・ウェイヴの先駆者として時代を駆け抜けてきた彼の力強いステージを絶対に見逃すな!!

1977年にザ・ストラングラーズがデビュー。UKパンクムーブメントの真っ只中、代表的なパンクバンドとして、あるいはニュー・ウェイヴの旗手としてイギリスの若者に大きな影響を与えた。コーンウェルは30代に差し掛かる頃、ソロとしての活動を意識し始め、1979年11月にはドラマーのロバート・ウィリアムズとの共作アルバム『Nosferatu』をリリース。
そして、ザ・ストラングラーズとして10枚目のアルバム『10』をレコーディング後、バンドを脱退する。その後に結成したCCWというプロジェクトで1992年にアルバムを発表し、以降はソロアーティストとして現在まで積極的に音楽活動を続けている。
2018年にリリースされた『Monster』は彼の視点で捉えた20世紀のヒーロー、悪役、天才、そしてスーパースターを表現しているコンセプトアルバム。曲ごとに特定の人物について歌っており、彼の感性が詰まった面白い作品となっている。

RELEASE INFORMATION

MONSTER

MONSTER / 『モンスター』

SICP-5921~2(2CD)     ¥3,300+税    2018年10月24日 発売

Sony Music Japan International