Alive

Bodyjar

Success
ライブイベント開催スペース:
Shinjuku Marz (新宿マーズ)
開催予定日時
2014.9.11 (thu) 18:00(OPEN) 18:30(START)

奇跡の大復活!オーストラリアの至宝、Bodyjarが来日計画中!

Belvedere来日実現でさらに多くのリクエストが殺到する中、日本のシーンに大きな影響を与え、オーストラリアと日本のパンク・シーンの架け橋となったBodyjarのライブ・プロジェクトを掲載する事になりました!新作をリリースし、全く衰えを知らない彼らのライブが東京で実現するためにも是非ご協力ください!

全メロディック・パンク・ファン絶叫必至!Belvedereのツアーが確定して熱の冷めないところに今度はBodyjarのライブ・プロジェクト掲載が決定です!数多くのバンド達と来日を果たし、多くの素晴らしい作品を残してきたこのバンド。もはや日本と海外を結んだ歴史的バンドの1つと言っても過言はないと思います。リリース決定前から「来日、来日」と取り憑かれたかのようにプッシュされる毎日…。いよいよオーストラリアのパンク・キングが大復活です!

※ライブが実現した場合、Bodyjar出演前に何組かの強力なサポートアクトが出演予定!

Bodyjar

90年代はもはや20年も昔の話…。現在のリスナー達の多くが触れる事がなかったバンド達が再活動し始める中、オーストラリアの至宝ボディージャーも復活の狼煙を上げた!1994年結成後、日本も含む世界各国にてブリンク182やオフスプリングなど多くのバンドとツアーを続け、オーストラリアのシーンを世界に知らしめる立役者となった。

オール/ディッセンデンツやNOFXから影響を受けたパンク・サウンドはよりスピーディーで分厚いサウンドへと変化。更に哀愁漂うメロディーも多くの日本のバンドを魅了し、日本のメロディック・シーンにとっても大きな存在となっている。過去にはフェイス・トゥ・フェイスやH2O,ドゥノッツ,リヴィング・エンドなど猛者達と来日し、90年代から長らく日本にファン・ベースを築いている。(前回来日時にはファクトと共演)

およそ8年ぶりとなった今作では彼らの師匠の一人とも言えるステファン・エガートン(オール/ディッセンデンツ)をエンジニアに迎え、そして戦友と言える存在であるラグワゴンからジョーイ・ケイプが参加するなど復活作に相応しい布陣で制作された。

昨年オーストラリアで行われたディッセンデンツのツアーのサポートをきっかけに完全復活を果たした。今年20周年を迎え、オーストラリアでも記念ツアーが決定し、その勢いのまま日本で新作をリリースし、そして念願の来日を望んでいる。

New Release

  • Bodyjar / Role Model
  • blln-177
  • ¥1886 (税抜き)
  • 2014年6月25日 on sale!

  • 公式FBページ https://www.facebook.com/bodyjar
    全曲試聴 http://www.bodyjar.com/

    Ember

    Ken Band、元KEMURIのMinami(Vo&G)とWrong Scale、元Ivory7ChordsのTsuyoshi(B & Vo)を中心に結成。8ビートを基調としたメロディアスかつキャッチーなPOP PUNK。2013年11月にPizza Of Death Recordsより1st Album"New Neighbors"をリリース。

    Engrave

    学生時代に、SURF/SNOWBOARDINGビデオ系で注目されはじめていた「PENNYWISE」のファースト・フルアルバムに衝撃を受けDrum&VocalのKoichiroの呼びかけにより地元・会津若松にて結成。1996年頃までPENNYWISEやBAD RELIGIONなどのコピーを中心にプレイし、1997年以降オリジナル曲を展開する。地元のライブハウスやスノーボードコンテストのサイドライブなど中心にライブ活動を開始。

    1998年、自主制作でシングルCDを全国リリースし、ノンプロモートながら2ヶ月で約1,300枚を完売。1999年頃から『Hi-Standard』や『Kemuri』などのツアー・サポートを地元福島県内で務め始める。この頃から『Kemuri』の全国ツアーのサポートアクトや単独ツアー等を展開、活動範囲を全国区に広める。

    2001年、Koichiroが単身アメリカへと渡り、Suicidal TendenciesやThe Vandals、PENNYWISE、Yellow Card等アメリカを代表するPUNK、ハードコアバンドを数多く手掛けるプロデューサー「Darian Rundall」と直談判のすえレコーディング予定にこぎつけた。その後アメリカに集まったメンバーらと共にカリフォルニアでのLIVEツアー公演を行う。その活動内容をサウスベイ中心のweekly誌「Easy Reader」2週に渡って取り上げられる。ツアー最終公演ではPENNYWISEの地元Hermosa BeachにあるBBCクラブに出演。weekly誌「Easy Reader」の記事を見て駆けつけたPENNYWISEのメンバー本人らもステージに飛び入り参加し大盛況のうちに幕を閉じた。

    その共演がきっかけで、PENNYWISEのギタリストFletcher Draggeがレコーディングに参加。約1年の制作期間を経てイングレイブの1'stフルアルバム「Your share of it」を完成させた。このアルバムのリリース直前にはPENNYWISEの来日公演(川崎クラブチッタ)での共演も果たした。自分達の大好きなバンドとの共演や共同レコーディングはまさに夢のような出来事だったが、彼らは自分達の力でそれを実現させたのだ。

    2003年には新宿の老舗タイガーホール(LOFT RECORDS)のDJ石川氏からの誘いを受け公式音源としては4作目となるシングル「VOTE PEOPLE」をリリース。このレコーディングではアメリカからDarian Rundallを迎え、東京都内にて録音を行った。 翌年2004年、地元福島県で初の野外イベント『DISTORTION』を企画。『KEMURI』や国内のSKATE、FMX、BMXのプロライダーも募り、音楽とスポーツをクロスオーバーさせた『WARPED TOUR』さながらのイベントとして成功させた。

    2005年には通産5作品目となるセカンド・フルアルバム「UNWARNED」のレコーディングのため3度目のアメリカ遠征。プロデューサーに再びDarian Rundallを起用し、Green dayのレコーディング/ツアーDrum Techを務めるMike FasanoがDrum Techを担当。また、PENNYWISEのベーシストRandy Bradburyもゲストとしてレコーディングに参加。そして、春恒例の音楽イベント「PUNK SPRING」の仕掛人であり、「PENNYWISE」や「RANCID」、「BAD RELIGION」等の来日公演や、彼らの国内版CDのライナーノーツを手掛ける「Warp Magazine」誌の編集長(当時)、大野俊也氏(DJ OHNO氏)が本作のライナーを担当。2006年「PENNYWISEが認めた日本のPUNKバンド」と評され、タワーレコードなどを中心に全国のレコード店でリリースされた。

    2009年に活動の拠点を湘南に移したが、2011年の3.11東日本大震災を期に再び福島県会津若松市に拠点を戻す事を決意。各地で開かれているFMXの野外イベントや東京を中心としたライブハウスでの活動と並行しながら、ラジオ番組へのON AIR LIVE出演や、横須賀市等で開かれる「会津若松復興支援チャリティーコンサート」等へのアコースティックでのライブ参加など、ライブ活動も継続中。
    現在は、バンドが多大な影響を受けたBAD RELIGIONやPENNWISE、Rancid等が巣立った「WEST BEACHスタジオ(Hollywood,CA)」でのレコーディングを視野に入れ、通算6作目となるサード・アルバムに向けて会津若松市にて新曲を制作中。

    マイスペース https://myspace.com/engrave

    Neutral

    1998年、山梨にて結成。

    LAGWAGON、NO USE FOR A NAME、ALL、DESCENDENTS、MILLENCOLIN、NO FUN AT ALL等に影響を受け、バンド活動を始める。

    Fat Wreck Chords系の哀愁メロディックパンクやCruz系の変態急展開パンク、さらにBurning Heart系のスウェーディッシュ高速メロディック感を色濃く打ち出した90'sメロディックパンク全開の楽曲を追及し、月1、2本ペースでライブ活動をしている。

    BodyjarのTシャツ

    今回のライブ・プロジェクトに向けて、BodyjarのTシャツをご提供することになりました。実現したライブには行けないけれど、Bodyjarの来日公演実現を支援したいという方は、ぜひTシャツご購入にてご支援ください。もちろんライブチケットとTシャツのセットも用意しておりますので、両方とも欲しいという方はそちらをお申込み下さい。

    BodyjarのTシャツは、ライブプロジェクトが成功した場合にのみ作られ、ライブ開始前にはお手元に届きます。

    尚、本TシャツはSweatshop Unionさんにプリントをお願いしております。ウェブサイトはこちらから:http://sweatshopunion.jp/

    ライブプロジェクト概要

    アーティスト Bodyjar
    Support Act Ember / Engrave / Neutral
    ライブスペース Shinjuku Marz (新宿マーズ)
    投票締切日までに取得ポイント数が目標に達しなかった場合、Shinjuku Marzは予定日時にはバー営業を行います。
    開催予定日時 2014年9月11日(木)18:00(OPEN) 18:30(START)
    企画・招聘:Alive事務局