Alive

Blue Hawaii

Success
ライブイベント開催スペース:
TSUTAYA O-nest
開催予定日時
2014.1.23 (thu) 18:30(OPEN) 19:30(START)

広大なサウンドスケールでリスナーを驚かせたデビューアルバム『Untogether』を今年発表したBlue Hawaii。サポートアクト、Takako Minekawa & Dustin Wongとのステージでの初来日公演計画中

2005年カナダ、モントリオールにて結成させたエレクトロポップ・デュオBlue Hawaii(ブルー・ハワイ)の東京での初来日公演を実現させるためのプロジェクトです。今回のライブプロジェクトが実現すればBlue Hawaiiとして初来日、ヘッドライナーでのライブとなります。そんな彼らのライブイベントの実施サポートをAliveで皆さんにお願いしていきます。

最新アルバム『Untogether』では彼らが持つエレクトロの要素とBrian EnoやBjorkを思わせるようなアンビエントでオーガニックなフォーク・ポップサウンドを見事に融合させ、オリジナリティー溢れる荒涼かつ閉塞的な統一感を作り上げた。また今年はそのアルバムを引っさげて世界各地のフェスティバルにも出演、すばらしいパフォーマンスを行った。今回はそのライブに対する勢いをそのままに、Untogetherに沿ったセットリストでのステージを予定している。

東京での彼らの初来日ライブをぜひ生で体感してください!

※Blue Hawaiiライブが実現した場合、オープニングアクトに嶺川貴子&ダスティン・ウォングを予定しています。

Blue Hawaii

PCでエレクトロ・ミュージックを作っていたAlex Cowanが BRAIDSのシンガーであるRaphaelle Standell-Prestonと知り合い彼女を誘ったことでBlue Hawaiiが結成。2010年5月にデビューEP『Blooming Summer』をリリース。その後RaphaelleはBRAIDSとして精力的にツアーを行いAlexは単身ヨーロッパへと拠点を移しダンスミュージックやエレクトロミュージックを追求する。

そして2012年初のフル・レングスアルバム『Untogether』の制作に取り掛かる。今作品は2人が別々にレコーディングを行い、それを組み合わせて完成したものだが、結果的に調和性をもたらし荒涼とした閉塞的なムードを作り上げた。前作とは打って変わり、エアリアルで優雅な静寂感がアルバム全体を包み込み、ハイファイな立体感と緻密にエディットされたサウンド、そしてRaphaelleの表現力豊かなヴォーカルが、統一感を持たせている。

アルバムのキートラック、「Try To Be」がPitchforkにて“BEST NEW MUSIC”を獲得するなど注目を集めている。

Takako Minekawa & Dustin Wong

もともとソロとしての音楽を互いに尊敬していた二人が嶺川がダスティンのライヴを観に行ったことがきっかけで知り合いプロジェクトがスタート。2013年5月、アルバム『Toropical Circle』をリリースしFuji Rock Festival 2013にも出演。 ダスティンが奏でるディレイやループと言った様々なエフェクトを駆使したギタープレイに嶺川 貴子の伸びやかで上品なヴォーカルをのせることでミニマルでカラフルな音を作り上げる。

ライブプロジェクト概要

アーティスト Blue Hawaii
Support Act Takako Minekawa & Dustin Wong
ライブスペース TSUTAYA O-nest (TSUTAYAオーネスト)
投票締切日までに取得ポイント数が目標に達しなかった場合、TSUTAYA O-nestは予定日時にはバー営業を行います。
開催予定日時 2014年1月23日(木)18:30(OPEN) 19:30(START)
企画・招聘:Alive事務局